環境を考えた家づくり

環境を考えた家づくり

近年では環境破壊が問題視され、様々な場所で環境保全の取組みが進められています。家づくりも同様で、政府により環境を考えた住宅が推奨されています。住宅購入者がエコ住宅を実現しやすいよう、補助金制度も設けられているほどです。環境を考えた住宅といえば、「省エネ性能に優れている」「長寿命」の二つが条件です。環境を考えた家づくりをするためにも以下のポイントを押さえておきましょう。

緑を取り入れることで環境を考えた家づくりができます。

緑を取り入れる

地球温暖化とは、二酸化炭素などの増加により温室効果ガスの濃度が高くなることで地球の表面温度が上昇することをいいます。環境のことを考えるなら、私たちは二酸化炭素を減らす努力をしなければいけません。

屋上緑化や壁面緑化は環境に配慮した家づくりとして最適です。ヒートアイランド現象を抑制したり、有害な大気汚染物質をきれいにしたり、夏の強い日ざしを避ける効果などがあり、緑を取り入れることで環境を考えた家づくりができます。

省エネ性能を向上させる

一般的に家庭では電気・ガス・灯油など、多くのエネルギーを消費します。その消費量は産業部門では年々減少しているものの、家庭では年々増加しているという状況です。二酸化炭素削減には消費エネルギーの節約が欠かせません。太陽光発電システムを取り入れたり、効率の良い冷暖房機器や照明を選んだり、断熱性や気密性を高めたりなど、省エネ機能を向上させることがポイントです。

長寿命の家を選ぶことで建築費やメンテナンス費用が安く済みます。

長持ちする住宅を選ぶ

家の寿命が短いと建築・解体・廃材処分などで、多くの資源やエネルギーが必要になります。日本ではスクラップ・アンド・ビルドの習慣があり、それを続けていると環境にダメージを与えることは避けられません。

その問題を改善するには、長寿命の家を選ぶことが必要です。そのような住宅を選ぶことで、環境だけでなくご自身にもメリットがあります。建築費やメンテナンス費用などが、短い寿命の住宅よりも安く済みます。

環境を考えた家づくりを目指すなら「長期優良住宅」をおすすめします。長期優良住宅はこれらの条件を満たしており、環境に優しく人に優しい住宅とされているため、これから先の暮らしを快適にすることができます。